借金は上手にすれば資産を築く

お金を1円も借りずに生きてはいけない。

よほどの世捨て人、自給自足生活でもしなければ、お金を借りずに生きていくことはできない。

プロフィールに書いたが、ある理由から、私はお金を借りるのが大嫌いだ。
でも、住宅ローン、自動車ローンなど、多くの場合避けては通れないの事がたくさん待っている。
早い人は、10代で奨学金というローンを契約することになる。
上記のような大きなローンでなくても、ショッピングで分割払いをすれば、それは借金だし、リボ払いだって立派な借金だ。

 

現代生活の中で、借金するというのは、悪でもなければ、善でもないのだ。
あえて言うならば必要悪だが、借金をする人がいるから、貸す人がいて、貸すためにお金を集める必要があるから、銀行に預金する意味があるのだ。
そう、資本主義の社会に生きている場合、借金するという事は、社会に貢献していることであるはずなのだ。


問題なのは、借金する事ではなく、借金している自覚のない場合だ。
よくあるのがリボ払い。こいつを借金と思っていないやつが結構いるのだ。
借金と思っていて、借金する場合、普通の人ならば覚悟がいる。
まあ、それがマヒしてしまっている人もいるだろうが、覚悟があれば、大きな失敗もないだろう。
キャッシングだってそうだ。月々の出費なんて一定ではない、イベントや事件事故だってある。

 

蓄えがあればいいが、ないのならば、どうしたってキャッシングしなければ生きられない。


だから、キャッシング自体は悪ではない。問題は、キャッシングをまるで自分の預金から引き出している現金のような錯覚に陥ってしまっている人だ。
つまり、何が言いたいのかというと、カードローンを持っていること自体は何の恥ずかしいことでもないのだ。

 

急に足りなくなって、急遽、選ぶ余裕もなくて、金利の高いものや、不利な物、闇金なんかで借りてしまう、そんな場合のほうが恥ずかしい行為だ。
今、別段足りなくなくても、もしもに備えて、いつでも借りられるように準備しておくことは、何ら悪でもなければ非難される行為でもない。
使わなくて済めばそれに越したことはなく、自分に有利なローンカードを1枚作っておいたところで、他人に後ろ指刺されるいわれもなければ、自ら恥じる事もないのだ。

 

だから、カードローン作れ堂々と胸を張って作れ


向こうが、喜んで作って下さいというような状況で作るのだ。
さすれば、より条件の良いカードローンを作って、条件の悪いのは破棄することもできる。

 

だが問題は作った後だ。金は生きていくために必要だから使うのだ
そしてお金を使うという行為自体は、資本主義経済では、絶対に善なのだ。
消費しなければ経済が成り立たないのだから、お金を使う事は経済貢献なのだ。

 

しかし、時々お金に使われてしまう人がいる。


ギャンブルヤ、投資のために使うのではない、際限のない欲望のために使ってしまう人たちだ。
お金との主従関係が逆転してしまう人だ。
その場合、お金を使っているのではなく、お金に使われてしまっているのだ。
いくら資本主義だといっても、主たる行為者は人だ。お金ではない。
人のために資本主義があるのであって、お金のために人が生きているのではない。

 

自分が生み出す所得によって得られるお金は、人にとって従である。
つまり従業員、召使みたいなものだ。
彼らお金に命じて必要なものを手に入れたり、サービスを受けたりすわけだ。

 

これがお金に命じられている状態になっても気づかない人がいる。


返済のためにお金を借りたり、自分で生み出した可分所得以上のお金を借りてしまう人だ。

 

もうこうなると、自分の方が召使になる。こういう状態になってしまうと、もはや悪だ。
今は、法律も整備されて、貸す方が悪くなるようなことは少ない。

 

ギリシャ問題では、さんざん貸したほうの責任も取り沙汰されているが、日本では総量規制ができて、まっとうな金融業者だったら、貸す方が悪いなんて自体は起こらない。

 

つまりこの日本の社会で、返済能力以上に借りてしまうのは、全て本人の責任だ。


そしてお金に使われる人間になってしまうのも本人の責任なんだと思う。

 

ただ、1つだけ気になるのはリボ払いだ。
これは、提供する側にも大きな問題があると思う。
返済額を一定にすることで、借金の額を麻痺させてしまう事かがあるからだ。

 

かつてアメリカでサブプライム問題が起きた時など、このリボ払いがとても多いのが大問題になり、破綻者が増えたのに、今日本ではリボ払いが増えている。


信販会社がとても儲かるから大いに宣伝しているのだ。金利をどれぐらい支払って損をしているのか分からなくなるので、必要以上にリボで無駄なお金を支払ってくれるのだ。

 

日本人は元々貯金好き。だがギリシャ人や、ギリシャからの移民の多い米国では、貯金は殆どしない。
まさに宵越しの金は持たないのだ。このような社会でできたのがリボ払いなのだ。
リボ払いやローンは先の収入を見込んで、お金を使ってしまう行為だ。

 

それを自覚せずにしている人は、まさにお金に使われているのだ。
住宅ローンなどだったら、自覚せずに契約する人はまずいないだろう。

 

だがリボ払いはそうではない人がたくさんいる。


こういう人は、お金を使っているのではなく、お金に使われているのだ。

 

どうしても手に入れたいものがあるのならば、まだカードローンでキャッシングするほうがいいと思う。
知らぬ間に、金に使われる人間になりたくないのならば、リボ払いはするな。
それが私のアドバイスだ。

借金しないで人生全うできる人は僅か|だから上手にお金は借りようよ関連ページ

プロミスの無利息キャッシングがおすすめな理由
いくつかある無利息キャッシングの中で、なぜプロミスの無利息キャッシングがお得で有利なのかについて説明しています。
闇金で借りてはいけない理由|闇金で悩む方のために
闇金で借りたらどうなるのか、闇金体験談から闇金の手口と怖さ、借りてはいけない理由を知っておこう。もし闇金で借りていたら自分で解決するのではなく、専門家に頼ろう
親が消費者金融債務を残して亡くなったら相続人は返済しなければならない?
カードローンの申込みやキャッシング、返済などについて役立つ知恵をまとめました。上手に利用すれば無駄なく有利にキャッシングできるでしょう。
カードローンの借金を相続したが銀行の対応がナイスだった件
父親がカードローンの債務を残して亡くなり、返済のために銀行に行ったが、融通の効くナイスな対応だったので感謝した。
リボ払い、クレジット払い、消費者金融、全部おまとめローンにすることはできるの
複数の債務、借金は1つにまとめてしまって返す方が絶対的に得になります。どこまでの借金がまとめられるのかについて取り上げてみました。賢く借りて返すための知っておきたい知識
産休育休中は無職で審査に通らない?
カードローンの審査において、産休中は無職扱いになりますので、審査に通らない場合があります。しかし、必ずしも通らないとも言えないようです。
彼氏の借金が発覚したんだけれどどうしたらいいの?
家族、恋人、親友、親類などの借金が発覚した時あなたならどうしますか?借金の返済方法やサポートの仕方などについてまとめてみました。
フリーローン、カードローン、キャッシングの違いは?
同じ現金を借りるのにも、フリーローン、カードローン、キャッシングといった言葉があります。それらは別の物なのでしょうか?違いはあるのでしょうか?
カードローンの審査|審査に落ちる理由が分からない人が確認すべきこと
カードローンの申込みをして審査に通らなかった。そんな時に確認しておくべきことをまとめてみました。何故審査に落ちたのか考察しておかないと何度も落ちてしまうかもしれませんよ。
家族、職場にバレないように申込できるカードローン
カードローンを申込みすると、職場や出た国電話がかかったり、郵送物が届いたりして、カードローンの申込みをしたことがバレてしまう可能性があります。
彼氏の借金を完済させるお勧めの方法
彼氏に借金があることが分かったらどうしますか?一刻も早く完済させてほしいですよね。完済させる3つの方法を教えます。
カードローンで破綻しないための注意点
カードローンは弁で使えるけれども、誤った使い方をしてしまうと、大変な事になります。あくまで借りているお金で返済する者だということを肝に銘じて使いましょう。
自分の信用情報を調べる|カードローンに審査に不安な場合
カードローンの審査に通るか心配。カードローンの審査に落ちた理由が分からないなど、自分のン使用情報に不安がある場合は、調べることができます。書くにしておいて損はないでしょう。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード