リボ払い・後からリボなどは実は大きな損になる

リボ払いする?それともカードローンでキャッシングする?

分割したい場合、クレジットカードの支払い方法はリボ払いが一般的です。

 

リボ払いとは毎月一定の金額を返済していく方法のことで、月に1度返済するという意味ではカードローンの返済と大きな違いはありません。

 

ではクレジットカードとカードローン、どちらを作る方がいいのかを考えてみましょう。

 

リボ払いの特徴

クレジットカードで主流となっているリボ払いはクレジットカードで支払いを済ませた分のお金を分割して毎月返していく形です。

たとえば10万円の買い物をした場合、毎月1万円ずつ10回返済していきます。

 

一括返済する必要がないため返済しやすいのが特徴で高額な商品も購入しやすくなるのがメリットでしょう。

 

また、毎月の返済額はクレジットカードの利用額が増えても変わらないので常に返済額を把握しやすいのも便利です。

 

こうして見てみるとたしかにクレジットカードのリボ払いは優れているのですが、実は返済額が変わらないことがデメリットにもなります。

 

というのも返済時には元金だけでなく利息も支払う必要があるからです。利用額が増えるほど返済回数も増え、同時に利息の支払い回数も増えます。

 

結果的に多くの利息を支払うことになってしまうのです。毎月の返済額が一定なので実感しにくいですが返済負担は確実に重くっていくと考えないといけないのです。

 

この点はリボ払いの注意点です。そのまま使い続けると、殆ど利息分しか返済していない状態になって、いつまでたっても元金がほとんどかど減っていない状態になります。

 

利息だけ払ってくれるという状態は、カード会社にとっては、とってもありがたい利益になり、消費者にとっては、実にばかばかしい無駄な出費になるのです。

 

カードローンの特徴

カードローンも毎月一定額を返済していくのは同じです。

 

リボ払いと違うのが借入金額によって毎月の返済額が変動すること、そして多めの返済も可能という点です。

 

カードローンの場合、借入金額が大きくなるほど毎月の返済額も大きくなります。

 

返済の負担が増えるだけに思えますがその分だけ早く完済することができ、利息の支払い回数を減らせるのは1つのメリットです。

 

また返済額は決められているもののそれ以上の金額を返済してもよく、可能なら1度で全額返済しても問題ありません。

 

余裕のある月は多めに返済することで短期間での完済を目指せ、利息の支払いも節約できるわけです。

 

利息自体も、銀行のカードローンであれば、クレジットカードのリボ払い金利よりもかなり低くなります。

 

この点はリボ払いとの大きな違いです。より柔軟な返済が行えるのがカードローンといったイメージでしょうか。

 

リボ払いは、クレジットカードを持っていれば、直ぐできますし、リボ払い専用に設定しておくこともできます。

 

カードローンの場合は、新たに申込みして作らなければならないので、つい分かっていても面倒で、リボ払いにしてしまうと思います。

 

カードローンでも1度作れば、限度内であればいつでもキャッシングできますので、まず作ることが第一歩です。

 

このように、同じに見えるリボ払いとカードローンでも違いがあります。

 

利息や破綻リスクのことを考えるならカードローンを作って、キャッシングして購入したほうがずっといいと思います。

 

既に、リボ払いをたくさんしてしまっているのであれば、カードローンを作って、まとめて返済して、あとはカードローンを返済していく、借換を行ったほうが利息の支払い減らすことができます

リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード