初心者に知ってもらいたいカードローンやキャッシングの知識

カードローンでの借換えやおまとめの注意点

月々の返済を確実に減らせるかよく確認する

月々の返済額のトータルをきちんと把握しよう。複数の債務がある場合、返済日が異なっていて、トータルでいくら返済しているのか正確に把握していない事もあるかもしれませんからね。

 

債務をまとめて返済するために借り換えた場合、その借り換えた返済額がいくらになるのか確認する必要があります。
金利が変わらなくても、返済回数を長くすることで、月々の返済額が減らせる場合もあるでしょう。

過払いがあるか確認する

かつてグレーゾーンと言われた金利で借りていた可能性があるのであれば、過去の履歴を取り寄せて過払いを確認してから借換えよう。

 

カードローンの中にはおまとめ専用や借換え専用のカードローンもあり、借りている債務の分だけしか借りられないものもありますが、決して過払いの計算までしてくれるわけではないので、自身で確認しないと、払わなくいてて物まで返済し続けることになるり可能性があるからです。

借換え目的をはっきりさせておく

原則使途自由な極度型カードローンは、借換え目的であるかどうかは問わないので、限度額以内であれば、いつでも追加で借りられます。しかし、借換えやおまとめ専用のローンは、現在の債務分だけしか借りられず、返済するだけのローンになります。

 

つまり返済に徹するのか、別途何かに備えて追加融資もあったほうがいいのかでどちらを選ぶか変わってきます。
もちろん自分が後者を希望したとしても、返済目的専用のローンしか借りられない場合もあるでしょう。

ページ上へ戻る | HOME

返済のためならば規制外

返済のために新たに借り入れて、借金を一本化する目的で借りる場合は、貸金業法上の量的規制の対象外として扱われます。一時的に、債務と同額の借入れをするのですから、そうでないと銀行以外の貸金業者から借りることができないからです。

 

ただし条件があり、債務者が一方的に有利になる場合のみ認められます。有利というのは、月々の返済額が減れば有利と認められます。つまり金利が低くならなくても、返済回数が伸ばせれば認められます。

 

銀行で借りられる場合は、金利も低くなるでしょうから銀行のカードローンがベストだと思います。

繰り上げ返済が自由にできること

借り換えたローンが、いつでも自由に手数料なしで少額から返済できるローンが不可欠です。少しでも余裕ができたら返済していくことで思ったより短い期間で返済できる可能性があります。

 

一部繰り上げ返済ができないと、なかなか返済を短縮することができませんし、手数料がかかるようでは効率が悪いですからね。

借換えのメリット

複数ある返済日を1つに出来る

月返済日を1日だけにすることで、収入と支出の把握がきちんとでき、計画が立てやすくなります。

月の返済を額を減らせる

返済期間が長くなってしまったとしても、毎月の返済額を減らせれば、生活にゆとりができます。またその分貯金することで精神的な余裕を持ち、たまったら繰り上げ返済できます。

返済先が1つになる

今日はあっちたの会社の返済して、来週はこっちの会社に返済して・・・・と考える必要がなくなります。何かの時の相談もそのローン会社だけにすればいいわけですしね。

カードローンで借換えやおまとめするときの注意点関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード