同時に複数のカードローンに申込みをしてもいいのか?

同時に複数のカードローンに申込みをしても大丈夫?

カードローンの審査に通るかどうかは、申込みをしてみないと分からないですし、審査で認められる限度額、そしてそれに対する金利も、正確には分かりません。

カードローンの限度額毎の金利が前もって示されているカードローンもありますが、その限度額内での金利の幅も設定されている場合もありますので、審査の結果が出てみないと、実際に低金利のカードローンはどれなのかが正確には分かりません。
当然、申込みをするほうとしては、いくつかのカードローンを比較してピックアップして、自分でランキングづけした上位3位ぐらいまでに申し込みたいところですね。
ただし、その場合審査に影響はないのでしょうか?同時に複数に申込みをしたら、それで審査に落とされるのではないかという不安を感じると思います。

ページ上へ戻る | HOME

 

申込ブラックとは?

これは実際に金融審査においてそのような言葉や定義があるわけではなく、噂的にささやかれているものです。ただし、いわゆる申込ブラックのような状態になってしまう申込みの仕方というものは存在します。

それは、審査に落ちたからといって、何度も同じ会社のカードローンに申込みをすることです。
審査には時間もコストもかかりますから、一度審査して落した人から、一月もたたないうちに再び申込みが何度も来るようなのは、とても嫌われます。
この場合、再審査されることなく落とされる可能性が高いでしょう。これを繰り返し何度もしてしまうようなことをすれば、いわゆる申込ブラックとなってしまうことでしょう。
転職したとか、就職したとかで状況が変わった場合でも、再度同じ会社のカードローンに申込みをする場合は、少なくとも半年ぐらいは間をあけて申込みをするべきです。
つまり、複数の会社のカードローンに、間隔の短い期間に申込みをいくつしたとしても、それで申込ブラックという事になるわけではありません。

ページ上へ戻る | HOME

 

同時期複数カードローンに申込むデメリット

複数のカードローンに申込みをしたという事実だけで、審査で落とされるという事はありませんが、デメリットが生じることは確かです。

なぜならば、たとえばA社のカードローンで100万円の限度額で審査に通過できる信用力があったとしても、B社にも同時に申込みをしている場合、審査の時にA社はB社の申込みを見て、そちらも100万円の限度額の審査に通るとすると、その申込者は200万円の債務を抱えることになるかもしれないと判断する可能性があります。
その人が借りられる、つまり返済能力を100万円と見積もっていた場合、限度額を下げる必要があると考える可能性があります。場合によっては、別のカードローンの審査結果が出るまで審査が長くなるかもしれません。
極度型のキャッシングカードローンは、実際に借りていなくても、その枠を持っているだけでほぼ債務と同じ効果をもたらします。枠があるという事はいつでも借りられるという事に他ならないですからね。

複数申込みの場合の考察

前述のことを考えた場合、できるならば、1つのカードローンに申込みをして、審査に通らなかったら、別のカードローンに申込むという方法をとったほうが、同時に申込みをするよりもいいかもしれないという考えになります。

ただし、平均的な収入があり、債務も特になく、50万円程度の限度額で、2社のカードローンに申込みをする程度であれば、さほど問題はないと考えられます。どちらの方が良い条件の金利になるか分からない場合は、1社で100万円の限度額で申し込むよりも50万円の限度額で2社のカードローンに申し込んだ方がいいかもしれません。

 

ページ上へ戻る | HOME

 

複数の申込みをしたらブラックになるの?関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード