自分の収入に見合った限度額で申込みをしよう。

新規の申込限度額の目安は?

新規で大きな限度額の申込みはすべきでない

カードローンの申込みをするときに、希望の限度額を申請します。あくまで希望なので、いくらでもいいのですが、そのカードローンの最大限度額を入れてしまうなんてことはしてはいけません。収入に見合った申込みをすべきで、年収が500万円なのに、いきなり800万円などといった希望限度額で申込みをするのはナンセンスで、その人の品性を疑われることになります。

希望限度額では審査に通らない場合、その下の限度額なら審査に通るという結果を出されることも多くありますが、そもそもあまりに節度を知らない限度額で申込みをするなどしたら信用を無くしてしまう事になるので無駄に大きな限度額で申込みをするのはやめましょう。

申込すべき限度額は?

年収や債務の状況によって、審査に通る限度額が決まりますが、新規で申し込む場合は、よほどの高年収でなければ、一番下の限度額か、下から二番目の限度額で申込みをするのが普通です。とくに目的があってそれ以上を借りたい場合は、目的別ローン(自動車ローン、教育ローンなど)を利用すべきです。

一般的な会社員では、新規であれば100万円ぐらいの限度額がせいぜいです。勤続年数が少なければ50万円程度が限度でしょう。主婦やアルバイトなどの場合は20万円〜30万円が普通の範囲です。

ページ上へ戻る | HOME

何で高額な最高限度額があるの?

ノンバンクカードローンでは最高500万円、銀行のカードローンでは800万円とか1000万円の最高限度額があるカードローンもあります。これはもちろん高額年収の方のためのものですし、新規から返済実績を積んで信用を得ることで、限度額の増額ができるようになるためのものです。高い最高限度額の設定があるのは、宣伝の意味も含まれていますが、増額していける可能性があるめと考えていいでしょう。もちろんいくら信用を積んだからといって、年収に対して借り入れできる額というのは当然ありますから、必ずしも限度額の増額ができるとは限りませんが。

総量規制にも注意する

貸金業法の改正でできた総量規制にも注意をする必要があります。銀行以外のカードローン、つまりノンバンクといわれる貸金業者は、総量規制の対象になりますので、他の借入れと合わせて、年収の3分の1までしか限度額を設けられません。具体的にいうと300万円の年収の人は、100万円までしかカードローンの限度額を持つことができません。

おなじ個人向けのキャッシングカードローンでも総量規制の適用を受けない銀行のカードローンであれば、年収の3分の1という制限はありません。ただし、総量規制いっぱいになるほど債務がある人に銀行が貸すかどうかというのはまた別の問題です。また総量規制に入らない債務、住宅ローンなども当然お金を貸す時の審査に影響します。あくまで総量規制の計算に含まれるかどうかは、法律の制限があるかどうかというだけで、返済能力が審査の対象になりますので、総量規制に該当しない債務も審査には大きく影響します。

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?関連ページ

カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード