初心者に知ってもらいたいカードローンやキャッシングの知識

カードローン審査を受ける前にする事

カードローンの申込みをして審査に落ちてからでは遅いので、できる限り審査に不利になる原因を無くしてから申込みをしましょう。

もちろん、できない事もありますので、できることだけすればいいと思いますが、意外とできることがあるのに、知らないために見逃していることがあるのではないかと思います。

みなし債務を減らす

意外と知らない人が多いのが、キャッシング枠を持っているだけで、総量規制の計算に含まれてしまうという事。これは総量規制のかからない銀行のカードローンの審査でも、当然債務として認識されます。キャッシング枠というのは、実際には借りていなくても、借りられる枠を持っているという事です。

枠を持っているという事は、ほとんどその限度額と同じ借金をしているのと変わりません。なぜなら、いつでもだれの許可もなく、借金できるわけですから、審査の時に借りていなくても、50万円のキャッシング枠を持っていれば、審査に通った後に、キャッシングするかもしれないと判断されます。総量規制がかかる審査では、自動的に50万円すでに年収の3分の1の範囲から借りられる余力を引かれてしまいます。

キャッシング枠本当にありませんか?

自分にはそんな枠は無いよと思っている人も、持っているクレジットカードを確認してみてください。自分でも気づいていないうちに、キャッシング枠付きのクレジットカードを持っていませんか?ショッピングの分割払いやリボ払いは、貸金業法の総量規制とは関係ありませんが、クレジットカードに附帯しているキャッシング枠は、貸金業法の総量規制に該当します。30万円のキャッシング枠のついているクレジットカードを3枚持っていれば、すでに90万円を借りている事になります。
クレジットカードのキャッシング枠は、普通は電話をすれば直ぐに取れるので手続きは簡単です。
審査に不利になるキャッシング枠は外してからカードローンの申込みをしましょう。

ページ上へ戻る | HOME

転職前に申込む

もし、転職などを控えているのであれば、勤続年数は審査の対象になるので、給与が上がり年収が増える予定であっても、よほど大きなステップアップでなければ、転職前に申込んだほうが有利です。

それは勤続年数が長いほうが安定的とみなされるので、転職したばかりだと勤続年数数か月なんてことになり、不利になってしまいます。
もちろん中小企業から上場企業への転職とか・・・契約社員から正社員になるとか、審査に大きなプラスになるような転職であれば、転職後落ち着いてからのほうが有利にはなります。

居住場所も審査対象

住んでいるのが賃貸か、持ち家か、家族と同居しているかなども審査の対象となります。賃貸アパートでも、長く住んでいれば有利です。引っ越したばかりであれば、引っ越し前のほうが有利です。また親と同居であるほうが有利です。一人暮らしだと、その人がいないと連絡が取れなくなりますが、親や家族と同居ならば連絡もつきやすいと考えます。

また、家族所有で家賃がかからなければ可分所得(生活に必要なお金以外の自由になるお金)も多いと考えられますから。
賃貸と持家では、どちらが有利かは、住宅ローンの状況によります。長年ローンを支払っていて実績があるのと、まだローンを組んで数年で残債がたくさんあるという場合では評価が異なるからです。

カードローンの審査に通りやすくするには?関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード