利息がどれぐらいつくのか計算してみよう

金利の計算を自分でしてみよう

カードローンを利用する場合に重要になってくるのが金利です。

 

特に返済を考える時に重要なポイントなのでカードローンの金利はしっかりと把握しておくと良いでしょう。

 

ここではカードローンの金利の計算方法を紹介します。

 

金利について

 

まずはカードローンの金利について把握しておきましょう。カードローンでお金を借りて返済をする場合、元金だけでなく利息も支払います。元金と利息の合計額が最終的な毎月の返済額になるわけです。

 

そしてこの利息の額を決めるのが金利です。金利は各カードローン会社のホームページなどを見ると実質年率という言葉で表現されていて、年に18%くらいが一般的です。

 

借りたお金、つまり元金にこの実質年率を組み合わせることで利息が求められる仕組みになっています。金利を知らないと計算することもできないわけです。

 

また金利は各カードローン会社でそれぞれ違うので金利の低いところを利用したり、自分の金利はいくらなのかを調べることも重要でしょう。金利の計算ができるようになれば利息を把握しやすくなり、返済計画も立てやすくなります。

 

安いように思えても最終的な利息の総額は返済期間が長くなるほど高額になるのでしっかり理解していないといけません。

 

金利の計算方法

 

では具体的に金利を計算してみましょう。

 

ここでは50万円を借り、金利・実質年率は18%、100日で返済したとします。

 

利息を求めるための式は元金×金利÷365×借入期間です。365というのは365日のことで年率なので365日で割る形です。

 

今回の条件だと50万×18%÷365×100となります。答えは約2万4千657円です。元金の50万に加え、これだけの利息を支払う必要があるのです。

 

もし半分の50日間で返済すれば利息も半分になり、倍の200日かかれば利息も倍になります。つまり利息は短期間で返済した方が少なくて済む仕組みになっているのです。

 

これはとても重要なポイントになります。カードローンを利用するなら返済はできるだけ早く、そう言われるのは利息を安く抑えられるからです。利息の計算はそれほど複雑ではないので式さえ覚えておけば電卓で簡単に求められます。

 

カードローンでお金を借りたら自分でも利息を計算してみるといいでしょう。

 

普段あまり気にしないかもしれませんが返済において利息の額はとても大きな意味を持ちます。

 

毎月どのくらいの利息を支払っているのかを把握するためにも1度は金利、利息を計算しておくのがいいでしょう。

カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード