返済が厳しくなってきたらまず先手を打つ

カードローンを利用すれば毎月の返済は当然のようにやってきます。
予定通りならば問題ない筈の返済計画も、未来は読めませんから、計画外、想定外のことも十分あり得ます。

 

なんらかの理由で返済が困難になってしまうこともあるので、もし返済ができなくなったらどうすればいいのか、万が一に備えてこの点を抑えておくことは大切です。

 

まずはカード会社に連絡を

目の下クマ

返済日までにどうしても返済ができないと感じたらとにかくカード会社に連絡をして相談しましょう。

 

返済ができませんと話すのはとても嫌なものですがこれはとても大切なことです。カード会社が1番困るのは理由もわからないままお金が返済されないことです。

 

何があったのかわからないと対応もできず、いつ返済されるのかもわからないからです。

 

銀行やカード会社は怖いイメージがあって、「返済できない」なんて言うと厳しい取り立てが待っている、そんな風に考えている方もいるかもしれませんが決してそんなことはありません

 

電話で相談をするとなぜ返済が難しくなってしまったのか、いつ頃なら返済できそうなのかを確認されますが、即厳しく取り立てに怖い人たちがくるとというようなことはありません。

 

返済に遅れるのが初めてならある程度の期間なら返済を待ってくれますので正直に話します。

 

また、その後の返済が厳しくなるのであれば、返済計画の見直しを検討してくれるので、必ずどの程度返済できる状況なのか、現況を話すようにしましょう。

 

とにかく連絡無に滞納をしてしまうのが一番の問題で、事故扱いになってしまってからでは、信用できない債務者として、相談にも応じてもらえなくなります。

 

真摯な相談をすれば、相手も誠意ある対応で答えてくれます。

 

弁護士など専門家に相談する

 

目の下クマ

カードローン会社に相談しても、返済できるような返済計画にならないかった場合は、その道のプロに仲介してもらうしかありません。

 

つまり弁護士などの専門家への相談です。返済できなくなったローンを放置していても問題は解決しません。

 

法律の専門家に相談しアドバイスをもらうのも必要な対応です。

 

ローンの返済について弁護士に相談した場合、いくつかの選択肢が考えられますが債務整理を選択する方が多いようです。

 

自己破産と言う借金をチャラに出来る方法もありますが、デメリットも多く最後の手段ですので、できる限りこれだけは避けるべきです。

 

債務整理にもいくつかの方法があるのですが一般的には任意整理と呼ばれる方法で問題の解決を目指します。

 

これは債務者と債権者、つまり私達カードローンの利用者とカードローン会社が話し合いをして返済額や返済期間を調整する方法です。

 

今よりも毎月の返済額が減り、利息もカットされます。返済条件を変えることで無理なく返済を続けられるようにするわけです。

 

もちろん弁護士に相談するような事態を避けることが大切ですが、どうしても無理だと感じたら弁護士を頼ることも必要です。

 

カードローンの返済はしっかり計画的に行わないと後で苦労することも考えられます。

 

カードローンは非常に便利なのでついつい使いすぎてしまうこともあるかもしれませんが、返済のことを常に意識しておきましょう。

 

カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由
クレジットカードにも、多くの場合キャッシング機能がついてきます。クレジットカードを持っていればキャッシングできるのに、わざわざカードローンを作る必要があるのでしょうか?実はカードローンのほうがいい理由があります。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード