クレカ付帯のキャッシング機能は外したほうが良いと思います。

クレジットカードの不正キャッシング機能は怖い

クレジットカードはたいてい頼まなくてもキャッシング機能がついてきます。自分のクレジットカードのキャッシング機能がついていることや、限度額なども知らずにクレジットカードを持ち歩いている人もいます。

一番怖いのは、普段持ち歩いているクレジットカードは、紛失したり、スキミングされたりする可能性が高いものです。
ショッピングで使われた場合は、実際の決済まで期間があるのと、どこで何を購入したか分かるので、被害に遭ったかどうかを調べるのは比較的容易です。
ですから、クレジットカードでショッピングされた場合は、保険の対象になり、個人の負担がなくて済む場合が多いのです。

しかし、キャッシングの場合は、暗証番号がなければ引き出せないので、暗証番号を類推しやすいもの(一緒に落とした免許証などから、他生年月日や電話番号からなど類推されることもあります)にしていたとか、何かの原因で誰かに知られてしまったとかする場合もあります。

この場合、直前直後に紛失や盗難の届を出していなかった場合は当然として、届け出ていたとしても、カード番号だけでなく、暗証番号もなくしたことになるので、カード会社が保険を適用してくれる可能性は低くなり、自腹で払う可能性が高くなります。紛失や盗難届を出していなかったり、カード自体は持っていたりしたら(スキミングされた場合は持っていることになります)、まず間違いなく、自腹になります。
あとは、どこで誰にキャッシングされたか調べて、被害届を出して直接本人に請求するしかなくなります。

 

ページ上へ戻る | HOME

ローンカードならネットキャッシングできる

持ち歩く必要があるクレジットカードに対して、カードローン会社のローンカードは、不発行にできるところもありますし、ネットキャッシングできるので、持ち歩く必要がありません。

ネットキャッシングとは、ネット上にある会員サイトから、自分の銀行口座に振り込みによってキャッシングができる方法で、自分の銀行口座に、申込みから数分程度で振り込まれるのが普通です。
つまり自分の銀行のキャッシュカードで引き出しできるので、ローンカード自体を持ち歩く必要がありません
スマホや携帯からでもネットキャッシングはできるので、外出先でも可能なわけです。ただし、土日休日は対応していないところも多いので、その点は注意する必要があります。

 

ページ上へ戻る | HOME

使わないならキャッシング枠を外そう

大抵の人は、数枚のクレジットカードを持っているはずですね。

その全部にキャッシング機能がついているのかどうか確かめたことはありますか?
家から持ち出さずに、そのままだから心配ないし、キャッシングできるというだけでデメリットはないと思われるかもしれません。
しかし、キャッシング枠のついているクレジットカードを持っているだけで、色々なローンの審査のマイナスになります。
なぜかというと、キャッシング枠を持っているだけでも、総量規制の総額の計算に含まれるからです。
20万円のキャッシング枠を3つ持っていたら、それだけで60万円になります。そう、借りていなくてもいつでも借りられるという状況は、ほとんど借りているのと同じなのです。
銀行のローンなどは、総量規制に入りませんが、借りられる枠を持っていることは、審査の対象になるわけです。特にクレジットカードを10枚も持っていて、それぞれキャッシング枠がついていたら相当な金額になってしまいますよね。
使わないキャッシング枠は、電話をすれば直ぐに手続してもらえるので外しておくことをお勧めします。
特にこれからカードローンを申込みするという人は、まずキャッシング枠を外してからにしましょう。

クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方がいい理由関連ページ

申込み限度額はいくらぐらいが妥当なの?
大きいところでは最大限度額800万円とか1000万円とかのカードローンもあります。大きい限度額に越したことはありませんが、無理な限度額で申込みをしても審査に通らなければ意味がありません。
カードローンの審査に通りやすくするには?
意外と知らないカードローンの審査に影響するポイントについてまとめています。審査でチェックされる項目をよく知っておきましょう。
カードローンで借換えやおまとめするときの注意点
複数の債務があって、返済が厳しいのであれば、1つにまとめることを考えよう。や多くのカードローンがおまとめや借換え目的で利用できるようになっています。
複数の申込みをしたらブラックになるの?
カードローンの申込みを同時にまたは頻繁にしていたら、申込ブラックになるのでしょうか?複数のカードローンに申込みをしたい場合についてまとめています。
銀行カードローンは、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのつなぎ資金にも便利だ。
銀行のカードローンは1枚持っていると安心感がある。いざという時に、基本的に生活費全般、何にでも使えるからです。とくに長期で持つのならば銀行の金利の低いカードローンが便利です。
リボ払いはカードローンで借換えた方がいいのか?
昔からあるけれど、ここ数年盛んに宣伝されるようになったリボ払い。返済額が毎月一定で、とても楽に感じる返済方法だけれど実は大きな損をしているのです。
カードローンの返済ができなくなりそうだったらどうしたらいいのか?
月々の返済が厳しい状況に陥ってきたら、おまとめや借換えという方法もありますが、それも困難な場合は、カードローン会社せ相談を早めにする必要があります。
カードローンの金利の計算方法ってどうやるの?
カードローンの金利が分かっても、どりぐらい利息がつくのか分からないと、どれだけリスクがあるのか把握できません。そこで利息がどれぐらいつくのか、自分で計算する方法についてまとめてみました。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード