銀行カードローンの審査は厳しい?

最近は銀行が提供しているカードローンの数も増え人気を集めていますが、これまで消費者金融のカードローンしか使っていなかった人から見ると、「えっー、銀行だと審査が厳しくて、とても無理なんじゃないの・・・」と初めからあきらめてしまう人もいるようですので、私達にとっては非常に気になる審査の基準が一体どうなっているかまとめておきたいと思います。

 

もちろん審査基準は非公開

まず大前提として審査基準は非公開ということを間違いない事実ですので、公式にそれを知るすべはありません。

 

つまり、どのような点をチェックしどのような基準で審査の可否を決めているのか、これは各銀行にしかわからないことです。

 

そのため審査基準を正確に把握するのは不可能であくまでも一般的な基準、推測でしか考えられないのです。

 

自分なら絶対に審査に通るだろう、そう考えていても審査基準が正確にわからない以上絶対はありませんし、また審査に通らないだろうという逆の考えもありえないのです。

 

もちろん各銀行で審査基準が微妙に違うこともあり得ます。ある銀行では審査に通ったのに別な銀行では審査に落ちてしまったということもあるでしょう。

 

審査に通るかどうかは実際に審査を受けてみないとわからないというのは把握しておきましょう。

 

ただし、審査基準がまったくわからないというわけでもありません。

 

審査で見るべき点はどの銀行でもほぼ同じと考えられ、過去のデータなどからもある程度の基準は見えてきます。

 

どこまで、審査を通すか、通さないかで、差異が生じつだけで、審査の基準となる項目自体は、ほとんど変わりません。

 

審査における基準項目

 

カードローンの申込時には氏名、住所、年齢、勤務先、勤続年数、年収、他社からの借入件数、借入総額、持ち家の有無、既婚か未婚かなど、あらゆる情報を提出しなければなりません。

 

そしてこれらの情報はすべて審査に使われるのです。たとえば年収は非常に重要な審査基準になります。極端な例ですが年収が0円だとすれば返済はまずできません。

 

そのためお金を貸すこともできない、つまり審査に落ちてしまうわけです。

 

年収がある程度あっても他社からの借入件数が多く、借入総額が多額ならこれ以上お金を貸すのは大きなリスクになります。やはり審査に落ちる原因になるのです。

 

このように、仕事をしていて安定した収入があるか、他社からの借入で返済が苦しい状況になっていないか、審査ではこれらの点がチェックされ審査の基準になっていると推測されます。

 

年収いくらなら審査に通るのか、何件までなら借入があってもいいのか、このあたりの詳しいことは非公開のためわかりませんが、安定した収入があり返済が十分可能と判断されれば審査に通ると考えていいでしょう。

 

銀行には総量規制が法的にはかかりませんが、年収の3分の1を超える債務があれば、返金年収以上はないと、まず審査にパスする確率はかなり低くなります。

 

低金利で競争が激しいので、他社で借りているというだけで審査に落ちることはありませんが、総量規制を超えている人は、消費者金融でも、銀行でも借りることは困難と考えてよいでしょう

 

それでも同じ年収の3分の1でも、年収900万円で、300万円を借りているというような場合は、消費者金融では、法的に総量規制で門前払いとなりますが、銀行であれば審査に通る可能性はあるわけです。

 

つまり、銀行の審査の場合は、年収に対する借入の割合とは単純に言えないのです。

 

審査について役立つ記事
カードローンの審査に通りやすくするには?

 

銀行カードローンの審査の基準はどうなの?関連ページ

住信SBIネット銀行ミスターカードローン
審査基準は消費者金融よりも厳しくなりますが、総量規制がないので、所得証明不要で申込できたり、金利が低かったり、預金連動で得したり、住宅ローンと同じ銀行だと得になったりもあります。
みずほ銀行カードローンを比較してみた。
みずほ銀行カードローンをその他のカードローンと比較してみた。金利や使い勝手その他理由な点などを調べてみました。
じぶん銀行カードローンはau利用者にお得
auの携帯やスマートフォンを持っている人には得点があるのがじぶん銀行カードローンです。所得証明不要で申込もできるので申込みも簡単です。他のカードローンと比較して、おすすめの点を紹介
オリックス銀行カードローンの評判と口コミ
人気のオリックス銀行カードローンの評判や口コミを他のカートローンと比較して調べてみました。カードローンをお探しの方の目安にしてください。

無利息キャッシング 最短即日カードローン 女性に優しいカードローン 土日休日キャッシング 職場にばれないカード